FC2ブログ

スター音楽学院ー歌のwebマガジンー

スター音楽学院の最新情報満載!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
70歳でCDデビューの 西澤新治さん


4580252590116-のコピー


70歳でオリジナルCDを発売した西澤新治さんに、ここまでに至る経緯や歌への思いを伺いました。

大学の建築学科を卒業した西澤さんは高校の教師を10年勤め、その後1級建築士の資格を生かして設計事務所を立ち上げました。30年間続けた後一念発起、3年間介護・福祉の勉強をして資格を取得し、現在はさいたま市で18名の入所者を預かるグループホームを経営しているとのことです。

経歴をお聞きして、何事にも積極的に真剣に取り組む姿勢に感服しました。

グループホームでは認知症の方が絵を描いたりゲームや運動をしたり歌を歌ったりします。

入所者に接しているうちに、懐かしい歌を聴いたり歌ったりするときに頭の中の回路がつながるのか、一人一人の顔つきが変わり生き生きしてくることに気づいた西澤さんは、本格的に歌の勉強を始めようと、スター音楽学院の門を叩きました。

当時67歳だった西澤さんは、音楽の基礎からしっかり勉強したいと“講師コース”を受講し、講師の資格を取得、現在は特別選抜コースで勉強中です。

その努力が実を結び、70歳で本校のオリジナル曲制作プロジェクトより「♪人生ふたりきり」でデビュー、2曲目の「♪手をつなごうよ」に続き3曲目も既に完成し、現在4曲目を制作中とか。

オリジナル曲の良さは、「自分の心情を伝えて、自分のために作って頂くので思い入れもあり、詞の意味をゆっくり噛みしめ、よく理解してから歌い込むので、自分なりの味が出てくること」。

7月と9月には東日本大震災の被害を受けたいわき市社会福祉協議会の依頼を受け、ライブを行って被災者と交流を図ったそうです。

また近所の店で定期的にライブを行うなど精力的に活動中。

「オリジナル曲を6曲くらい持って、さいたま市内の福祉施設を回って皆さんに聴いていただきたい」という夢に向かって精進を続ける西澤さんのお話を伺って、「もう歳だから私には無理…」という言い訳をしながら生きている自分を反省し、できることから始めよう!との思いを強く持ちました。

なお、12月31日~埼玉テレビ・朝6時50分からの番組で西澤さんのオリジナル曲が放映されるので、可能な方はぜひ視聴してみて下さい。今後のご活躍を応援しましょう! 

 (編集長)        

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。