スター音楽学院ー歌のwebマガジンー

スター音楽学院の最新情報満載!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年をことほいでいるうちに、もう2月。恵方巻きや豆まきの話題でにぎわう節分の翌日は立春…「暦の上ではもう春です」と言っても寒さはこれからが本番。インフルエンザや風邪などにかからぬよう、気を引き締めて2月を乗り切りましょう。晴天が続いている関東地方に比べ、北国の大雪のニュースに心を痛めていた或る日、知り合いから明治座の『由紀さおり特別公演』のチケットを頂き、久しぶりに華やかな劇場に足を運びました。1部では初座長公演にも関わらずプロの役者さんを相手に渡り合い、凛とした中にも可愛らしさを漂わせる芸達者ぶりに魅せられました。2部のオンステージでは一転、純白のドレスや真紅の妖艶なロングドレス姿でヒット曲「手紙」「夜明けのスキャット」から「シルエットロマンス」「ラブ・イズ・オーヴァー」「つぐない」など昭和歌謡を披露、同年代の観客から割れんばかりの拍手が贈られました。1ヶ月間観客を動員し、満足させることができる技量と、幼少時から童謡歌手・安田章子として活躍してきた由紀さんの息の長さにも感服。人に感動を与えることはできずとも「感動する心だけは持ち続けたい!」と強く願った次第です。

雑誌『ヘルス アンド ライフ』の取材受ける
雑誌1

1月14日のレッスン日、代々木のスタジオに健康情報誌『ヘルス アンド ライフ』の記者さんとカメラマン氏が本校の取材にみえました。高齢化問題でにぎやかな我が国において、健康な生活を送るためにシニア世代がどのように日々を送っているのか、各地を巡って同好会や趣味の会などの取材をしていらっしゃるとの事でした。レッスン開始前に、先ずは佐野校長がインタビューを受け、本校の開校のきっかけや歴史、変遷などを聞かれました。続いて広野裕二先生は、これから歌を始めようかな?と思っていらっしゃる方に対して、「年輩の方はリズムを取るのが苦手な傾向にありますが、アドバイスを素直に聞いて取り入れる人は上達が速いです。苦手を克服して、非日常の歌の世界で楽しんでください」いうアドバイスと、「今まで千人以上に歌を教えてきましたが、音痴だと思い込んでいる人は、カラオケのキーが合っていないだけなのです。自分に合うキーで歌えば、歌う事がどんどん楽しくなっていきますよ」と初心者に勇気を与えるヒントを語っていらっしゃいました。そしてレッスン風景の取材では、カメラマン氏は教室内で一人一人のレッスン中の写真撮影を、記者さんはレッスンの様子を筆記していました。レッスン終了後、私とクラスメイトの大島さんがレッスン生の代表として(?)取材を受けました。開校当時からの生徒として「歌を続けてきて良かったことは?」という質問に対して「悩み事が起きた時や辛い時、歌を歌って乗り越えられました。歌があってよかったです」と答え、大島さんは「歌を歌うという事は向上心を与えてくれます。仲間もできて、毎回楽しんでいます」と答えました。第二の人生に何をするかは人それぞれ、ダンスをする人・スポーツをする人・観劇を楽しむ人…様々ですが、“歌”という自分に合った趣味を見つけることができ、心から楽しんでいる自分の人生はまんざらでもないなと今回の取材を受けて再確認しました。趣味を通して充実した人生を過ごしましょう! (編集長)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。