スター音楽学院ー歌のwebマガジンー

スター音楽学院の最新情報満載!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴天に恵まれたゴールデンウィークに東京・亀戸天神の藤まつりに行って来ました。20年前に行った時には駅から近かった記憶があるのですが、今回は遠く感じられました。20年前の若さが距離を感じさせなかったということでしょうか?歩行者天国の道路の両側にずらりと並ぶ店舗を覗きながら天神様の鳥居をくぐると人・人・人人波をかき分けながら進むと、境内の藤棚では満開の紫色の藤の房が風に揺れていました。桜の華やかさとは違う大人の女性の落ち着きを感じさせる藤の美しさに触れ、我が身を振り返り「こうありたい」と強く思った次第です。13年前に訪れた足利フラワーパークには広大な敷地に樹齢150年の8万房の花をつける大藤など350本以上の藤の木があり、見事な絵巻物を見ているようでした。桜も藤もつつじも、どんな花も辛い時季に耐え毎年時を見極め開花して私たちを楽しませ、幸せを運んできてくれます。たくさんの花たちに感謝し、愛情を持って接していきたいと思いました。私たち人間も、それぞれの花を咲かせたいものです。東京校では来月、CDのレコーディングをします。今月のレッスンで各自の課題を克服できたらいいですね。

 

藤2 


NHKテレビ・ラジオ『みんなのうた』知っていますか?

NHKのテレビ・ラジオから流れてくる『みんなのうた』を耳にしたことがありますか?テレビでは、歌と共に流れるアニメがかわいくて子どもたちには大人気。この番組は1961年(昭和36年)4月に始まり現在も続いている長寿番組です。放送時間は5分間ですが、55年の間に300曲以上を世に送り出している“歌の宝庫”のような番組です。1961年といえば夢も希望もあった高校1年生の筆者は、テレビから聴こえてくる「あわて床屋」をボニージャックスの歌に合わせて歌っていた記憶があります。1923年に作られた北原白秋・山田耕筰コンビのこの歌は評判が良くて1966年と2003年にも再放送されました。「おお牧場はみどり」「どじょっこふなっこ」「登山列車(フニクリフニクラ)」など、当時の歌は全て歌えるほど耳になじんでいます。今までに登場したデュークエイセス・芦野宏・スリーグレイセス・ペギー葉山・中尾ミエ・五輪真弓・財津和夫・ゴダイゴ・石丸幹二等々…豪華な歌手の顔ぶれですが、画面に歌手は登場せず歌のみを放送するというスタイルを貫いています。作品発表の場になるので歌手側からの持ち込み企画も多いようですが、幼児から年配者にまで親しまれCD化されて大ヒットにつながった歌が多数あります。「大きな古時計」「山口さんちのツトム君」など、懐かしく思い出される歌が『みんなのうた』から生まれています。何と、シブがき隊の「スシ食いねェ!」、宇多田ヒカルの「ぼくはくま」、昨年解散したSMAPの「ベストフレンド」も!!!他にもガッツ石松「OK食堂」、タモリ「ミスターシンセサイザー」、中井貴一「ありがとうさようなら」など、お宝の歌もあります。NHK全国学校音楽コンクールの課題曲や震災復興の支援曲になった歌など、歌の力を強く感じさせてくれる貴重なこの音楽番組がこれからもずっと続いて、音楽好きな子どもたちがたくさん育っていってほしいと願っています。(編集長)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。