FC2ブログ

スター音楽学院ー歌のwebマガジンー

スター音楽学院の最新情報満載!

今年は6月からの猛暑、大阪地方の地震、西日本の豪雨、台風、連日の酷暑と想定外の天候が続いています。幼児や高齢者だけでなくすべての人々にとって耐えがたい厳しい夏になっています。子どもたちの夏休みと言えば涼を求めて高原や山に行ったり海やプールで泳いだり、夜になったら花火をやって楽しむのが定番でしたが、今年は熱中症のニュースが連日流れていて、「不要不急の外出は控えて下さい」との呼びかけがあり、家を出るのも命がけです。炎天下でのスポーツ大会やプール指導、夏祭りなどのイベントを見直す動きも出ています。命あってこその夏休みのお楽しみです。これから夏の風物詩・全国高校野球大会が甲子園球場で開かれ、熱戦が期待されますが、猛練習に耐えて出場することができた選手全員が憧れの甲子園球場で思い切ったプレーをできますように、そして今後は会場や開催時期などを早急に検討して、ずっと続けてほしいと心から願っています。私たちレッスン生も、無理せず注意してレッスンに通い、励みましょう。命あってのモノダネです。レッスン生は月に一度のレッスンを楽しみに通っていますが、くれぐれも無理をしないようにして下さい。


NHKテレビ あの日あのときあの番組 ~

    71日放映 『西城秀樹 歌声は熱く』

516日に63歳で亡くなった西城秀樹さん。16歳でデビューして以来、第一線を走り続け多くの人に愛された西城さんの足跡を辿った番組が放映されました。ゲストの野口五郎さんは同学年で歌手デビューは1年先輩ですが、公私ともに良きライバルであり親友だったと言います。時に弟のようであり、ある面では兄貴のような存在だったそうです。デビュー当時からの懐かしいVTRを一視聴者として楽しみにスタジオに足を運んだと言いながら、当時の初々しい姿を目にしてしばし絶句する場面がありました。現存する一番古い画像だという1974年の『レッツゴーヤング』では躍動感に溢れ、血潮みなぎるヒデキの映像が見られました。その年の第25回紅白歌合戦に『傷だらけのローラ』で初出場した時は山高帽・コート・アイマスクをまとった全身黒ずくめの衣装で圧倒的な存在感を示していました。1974年と言えば我が家の長男が3歳で、テレビに映るヒデキに夢中で、恰好を真似て“♪ローラ~、♪ローラ”と声を限りに歌っていたことを懐かしく思い出します。番組では野口五郎・西城秀樹が競演した1977年の『二人のビッグショー』を最初から最後まで流してくれたので、たっぷりと二人の世界を堪能できました。38歳当時で脂ののりきった元気いっぱいで仲の良さが伝わってくる二人の、25年前の番組でした。デビュー当時は情熱的で勢いはあったけど1本調子だった歌い方が、音合わせで歌っている野口さんの歌をずっと横で聴いていて良いところを自分も取り入れようと真剣だったというヒデキさん。常に相手を尊重しリスペクトしあう、それがライバルだと思うと五郎さんは話していました。ビートルズやローリングストーンズで音楽に目覚めたと言う二人が、ギターを抱えて歌う姿はカッコよくて青春が蘇りました。二度の脳梗塞を乗り越え、辛いリハビリに耐えられたのも生涯現役で歌っていたいという熱い思いからだったに違いありません。秀樹さんの依頼で五郎さんが作曲した『LOVE SONGを永遠に』を万感の思いで聴きました。世代を超えた人々の心に残る西城秀樹さん。あなたの歌は永遠に不滅です♪   (編集長)