FC2ブログ

スター音楽学院ー歌のwebマガジンー

スター音楽学院の最新情報満載!

7月に入ると、「もう一年の半分が過ぎてしまった…」と思う人と、「まだあと6ヶ月も残っている…」と思う人がいるようです。人によって、年齢によって、置かれている状況によって、時間の捉え方は違ってきます。自分自身を振り返ってみても一日の時間の流れを速いと感じる日と遅いと感じる日があります。同じ1秒の積み重ねなのに不思議ですね。11秒、11分を有意義に、歌って笑って過ごせたら最高ですね。

本日から始まったレッスンでは自分の受講中は真剣に集中するのは勿論ですが、クラスメイトのレッスン中もお喋りしたり一緒に歌ったりしないで静かに聴きましょう。しっかり聴いている人は他の人のレッスン曲も覚えて歌えるようになっていきます。先生のアドバイスを聴き、自分のものにしていきましょう。これから半年間、この『スター通信』で毎月のスケジュールなどをお知らせしますので必ずお読み下さい。また、本日お渡しした譜面は毎月のレッスンで使いますので忘れずにお持ち下さい。よろしくお願いいたします。 


前期発表コンサート&夏の打ち上げサマーパーティー

misashi.jpg  

今までホールで開催していた発表コンサートを、前回は趣を変え、西新宿の『ライブハウス新宿21世紀』で行いました。6月12日()12時の開演時刻に合わせ、11時を過ぎた頃からレッスン生が集まってきました。着替え室でドレスに着替える方、持参したジャケットを着てネクタイを結ぶ方、ロングスカートに取り換える方、ハイヒールに履き替える方など、準備に余念がありません。緊張感の中、第一部が開演。ホールでの発表会では着替え室から舞台までが遠かったのと、着替えに時間がかかり、自分たちのクラスの出番前に他のクラスのレッスン生の歌を聴くことができにくかったのですが、会場がコンパクトだったので座席に座って出番を待つことができました。その分、他のクラスの方の歌を聴くことが多くみられました。ホールの高い舞台で歌うのとは違って客席がすぐ近くにあるので臨場感があり、聴き手の反応もじかに感じられました。

 第一部・吉邑先生のクラス、14時からの第二部では常盤先生のクラス、15時からの第三部は広野先生のクラスの発表でした。歌を習い始めてまだ数年の方や10年選手、また20年通い続けている人…など歌歴は様々ですが“歌が好き”という共通項で繋がっています。聴き手が集中して聴いてくれると歌う側も乗せられて気持ちよく歌うことができるようです。どのクラスの方も最後まで堂々と、自信を持って歌い終えることができて、初のライブハウスでの発表コンサートはアットホームな雰囲気の会となりました。

 発表コンサート終了後、ホッとしたところで、希望者が生バンドで歌える『夏の打ち上げサマーパーティー』が開かれました。発表会とはひと味違うリラックスムードの中で、歌と食事とお酒の“ほろ酔い打ち上げの会”となりました。クライマックスはお店のバンドマンと佐野校長のベースの生演奏!一同が聴き惚れている時、突如広野先生がラップ風の即興の歌で加わり、会場は興奮のるつぼと化し、夏の打ち上げパーティーは大盛会の内に幕を閉じました。プロのすご技を満喫したひとときでした。(編集長) 

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://starmusicacademy.blog137.fc2.com/tb.php/59-f13d192f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック