FC2ブログ

スター音楽学院ー歌のwebマガジンー

スター音楽学院の最新情報満載!

台風一過の秋晴れの中、大きく育った稲穂が黄金色に輝き風に揺れています。今年の新米の収穫も目前…農家の方の丹誠のお陰で毎年おいしいお米を口にすることができ、日本人に生まれてよかったとしみじみ感じる季節です。多くの工程をかけてできあがったお米を1粒1粒味わいつつ、感謝の気持ちでいただきます。

先日、レッスンした歌を吹き込もうと思い新しいカセットテープを探し求めましたが、品切れでした。仕方なく以前録音したテープを消去し、その上に録音しました。今は便利な録音機器が出回り、長年お世話になっているカセットテープレコーダーもテープもやがて生産中止となり、過去の遺物として埋もれるのかと世をはかなんでいたところ、新聞で「カセットデッキ、カセットテープ、アナログレコード、ラジカセ、ウォ-クマンなどを売る店が中目黒にオープン!」という記事を見つけました。時代に逆行するかのような店の姿勢に興味が湧き、訪ねてみたくなりました。私達は時代の変化に対応しつつ、これからも歌を愛し、歌い続けていきましょう♪


インタビューコーナー

京都リビングFM『スター歌謡教室』出演された鈴木公子さん

この度、タリアセンレコードよりオリジナルCD「♪駿河恋唄」をリリースした鈴木公子さんが、826日、ラジオ番組の生放送に出演されました。

放送終了後に感想も含め、歌に対する思いやこれからの目標などをうかがいました。子どもの頃から歌が好きだった鈴木さんは引っ込み思案で人前で歌うのは苦手でしたが、詩吟を教えていたお母様の勧めで舞台に立ったことで度胸が付きました。卒業後地元(静岡県長泉町)で就職、母子でフラダンスのインストラクターとなり、その後お母様が立ち上げたフラダンスの『愛(アイ)の会』を、脳梗塞で倒れたお母様に代わり現在は引き継いでいます。

フラダンスの会ではハワイ語の歌だけでなく、聴いている人たちも楽しめるようにと「♪花は咲く」「♪涙そうそう」などを歌いながら踊るので好評のようです。歌を聴いた地元の人から歌を教えてほしいと要望があったのを機に、お母様の看病の合間に本校の講師養成講座の通信コースを受講し資格を得て、6月に地域のカルチャースクールで開講、現在20名の生徒さんに教えています。

今回のオリジナルCDはメロディーがきれいでとても気に入っているので、ご当地ソングとしてこれからもずっと歌っていきたいし、生徒さんも歌ってくれているので作って良かったと話して下さいました。フラダンスのクラスも歌のクラスも60代以上の方が多く、皆さんが笑顔でいきいきと楽しんでくれているのが何よりです、と話す鈴木さんはとても自然体の方。生徒さんがフラダンスを踊ったり、歌を歌うことで健康に過ごしてほしいし、人を、仲間を大切にして助け合って生きてほしいと願っていらっしゃる様子が手に取るように伝わってきました。

人生初のラジオ番組への出演の感想は「緊張しましたが、井上先生もアシスタントのまり子さんも明るくて優しくて、とても楽しい雰囲気の中、佐野校長先生の質問に応えているうちに終わってしまいました」とのことでした。教えていて迷った時は通信コースのテキストやDVDを何度も見て確認しているという鈴木さんは、12月のカルチャーの発表会に向けて構想を練り始めています。地元の方にとって頼もしい存在である鈴木さんの今後にエールを送ります。    (編集長)

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://starmusicacademy.blog137.fc2.com/tb.php/61-e20b9e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック