FC2ブログ

スター音楽学院ー歌のwebマガジンー

スター音楽学院の最新情報満載!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月・8月は日本各地が夏祭りで賑わっています。博多の祇園山笠や京都の祇園まつり、東北の三大祭りのように歴史ある大きな祭りはもちろんですが、ごく小さな、町内の自治会主催の祭りも準備に携わる人たちの努力や支えが無ければ成立しません。筆者の地元は35年前にできた東京のベッドタウンですが、子どもたちの“ふるさと”となる町作りの一環として、自治会発足当時から夏祭りを行事として取り入れました。当時は小・中学生が大勢いて、親たちが作った子どもみこしと子どもたちが飾り付けた山車を、大勢の担ぎ手、引き手たちが汗を拭いながら練り歩き、夏祭りを大いに盛り上げていました。その子どもたちも今では40代から50代、自分たちの子どもを連れ、7月末のささやかなふるさとの祭りに帰って来ます。親世代は焼きそば・かき氷・ヨーヨー・いか焼きなど屋台を準備し、奮闘しています。皆さんの地元の夏祭りはいかがですか…?
 8月に入り暑さはこれからが本番です。暑さを吹き飛ばし、新しい歌の課題に取り組み、励みましょう♪


<インタビューコーナー>
 オリジナルCD『でも…あなたを愛したい』をリリースした
      加藤敏樹 こと TOSHIKI さん

TOSHIKI 

今回登場して頂くのは大阪府枚方(ひらかた)市在住の加藤敏樹さん。
6月25日タリアセンレコードからセカンドシングル「♪でも…あなたを愛したい」(作詞中原英之 作曲井上善日居)をリリースした加藤さんは松下電工で定年まで勤め上げたサラリーマン。映画と歌が大好きなご両親に連れられ幼い頃から映画館に行き、帰宅後ご両親が口ずさんでいた映画の主題歌をいつの間にか覚えていて、一緒に歌っていた記憶があるそうです。「♪上海帰りのリル」を歌って大人たちに驚かれたのもこの頃の事。高校生時代は西郷輝彦などの青春歌謡にハマり、レコードを買ってきてギターを弾きながら一人で歌っていました。サラリーマン時代には普及し始めたカラオケのある店でお酒を飲みながら歌う事もあったようですが、歌の学校へ通ってレッスンを受けるという経験はありませんでした。定年後ある店で歌っていたら歌手の綾香さんから声をかけられステージに誘われ、デュエットしたのが大勢の人の前での歌デビュー、その直後レコード会社の見学にと言われ同行したのが初のオリジナルCDへとつながります。CDを出してからいろいろな店やボランティアで歌っているうちに、音楽・歌についてきちんと学びたくなりホームページで知った本校に入校、認定講師の資格を取得しました。その後はTOSHIKIとしての活動と、講師として生徒さんに教える活動をしています。歌を歌えなかった高齢の生徒さんが歌えるようになって「とても楽しい!」「孫からほめられた」など笑顔で話す姿を見るととても嬉しいとおっしゃいます。これからも人と人とのつながりを大切に「大好きなムード歌謡の復活のためにがんばりたい!」と優しく語る加藤さんは、歌好きのお母様が晩年入居していた施設で歌い、聴いてもらえた事とお元気なお父様にオリジナルCDを渡せた事で親孝行をされました。甘く切ないうら声がキュンと胸に響くTOSHIKIさんの歌を、皆さんもスター音楽学院のHPでぜひお聴きになってみて下さい。   (編集長)

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://starmusicacademy.blog137.fc2.com/tb.php/72-5bbfc907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。