FC2ブログ

スター音楽学院ー歌のwebマガジンー

スター音楽学院の最新情報満載!

韓国・平昌(ピョンチャン)での冬季五輪が開幕しました。このスポーツの祭典に向けて努力を重ねてきた選手たちの姿が連日報道されてきました。それぞれの競技で競い合い勝ち抜いて日本代表に選ばれた選手たちには、日頃の練習の成果を本番でミスなく発揮してほしいと祈るばかりです。練習ではあれだけの力があるのに本番では存分に発揮できない人、本命視された人の影に隠れた存在だったのに好成績をあげて表彰台に上がれる人…そんな光景を今まで数多く見てきました。“練習は嘘をつかない”という言葉がありますが、どんなに練習を積んでも当日の本人の体調、競い合う選手の成績、気温・湿度・風向きなどの自然事象によって、成績は大いに左右されます。それらが全て有利に働いた結果がメダルに結び付くのです。メダルが取れない場合でも、選手にバッシングを浴びせたり非難したりせず、これまでの努力をたたえてねぎらってあげたいものです。オリンピックのような舞台とは比べるのもおこがましい、ささやかな人生の舞台での本番に弱い者の、心の声です。


インタビューコーナー>

スター音楽学院 新認定講師 小山さん中沢さん(長野県在住 認定講師 白井先生門下生)

本校では地方でのカラオケの普及・発展を願い、東京・京都でのカラオケレッスンと並行して、15年前より認定講師の養成に力を入れてきました。その結果、日本各地からの受講生が通学・通信コースで真剣に学び、現在262名の認定講師が各地域で活躍しています。昨年11月に箱根で開かれた合宿にも遠く台湾、北海道などから参加された認定講師の方が指導方法などの勉強を熱心にされていた姿が印象的でした。その中のお一人、長野県在住の白井さんの愛弟子・小山さんと中沢さんが、今回認定講師の資格を取得されたということを知りお二人からお話を伺いました。小山さんは長野県の上田や小諸に近い東御(とうみ)市に在住、特に歌が好きということもなく、でも嫌いでもなく関心はあったので15年程前に友人に勧められるまま、歌の世界に入りました。皆さんと一緒に歌うことが楽しくなり、そんな中で白井先生の教室に通うようになり、認定講師コースを知りました。自分が教えるということではなく自分のために勉強したいと思い、通信コースを受けました。知らなかったことがいろいろわかり、資格を生かすことができるかどうかは分かりませんが自分が歌っていくために役に立っています。これからも、チャンスーのような歌を歌って楽しんでいきたい、と話して下さいました。もうお一人の中沢さんは、数年前、バス旅行の車中で、穏やかで感じのいい声で上手に歌っている人の歌声を耳にして、自分もあんな風に気持ちよく歌えたらいいなと思い、歌を習うようになりました。歌について知らないことが多く、もっと勉強したいと思い通信コースを始めました。途中で辛い時もあり、勉強が苦しくなりましたが無事乗り切って、今はのんびりと友人と歌を楽しんでいます。人の歌を聴くのが楽しくて、これからも人に教えるというより、自分のために声を出していきたいです、とおっしゃっていました。お二人に共通しているのは、シニアと言われる今もお仕事を続けていらっしゃるということ。これからもお仕事と歌をずっと続けてほしいと思います♪  (編集長)

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://starmusicacademy.blog137.fc2.com/tb.php/78-a08725d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック